2007年12月30日

死戦期呼吸(しせんきこきゅう)/あえぎ呼吸について

こんばんは。日本救命協会の久我です。
明日はもう大晦日ですね。早いものです。

今日は死戦期呼吸(しせんきこきゅう)について書きたいと思います。
死戦期呼吸(agonal respiration)又は、あえぎ呼吸(gasping)とも言われます。
(吸気時に呼吸補助筋の協働運動のため頭部を後ろへ反らす動きを認める。)
昨年の10月、富山の学校で教諭らが「あえぎ呼吸」を正常な呼吸と誤認して、CPRをせず
またAEDも使用せず、非常に悲しい事態をまねいたケースがありました。
正常な呼吸とあえぎ呼吸を区別し、あえぎ呼吸の場合は、すぐに息を2回吹き込んで
CPRをし、AEDを使うことが大切です。

■特徴
・あえぎ呼吸は、人の誕生の時と臨終の時にみられる。
・お腹の中の赤ちゃんがあえぎ呼吸をして羊水に浮かんでいる異物を飲み込む場合がある。
・臨終に際し、心停止後1分を過ぎると、あえぎ呼吸を呈する場合がある。
・溺水した体を調べると、水を飲み込んだ体とそうでない体に二分される。
 前者はあえぎ呼吸で水を飲み込んだもの

■正常な呼吸とあえぎ呼吸の見分け方
(1)呼吸音の違い
  あえぎ呼吸の場合、子供が激しく泣いたあとにみられるしゃっくり
  あげるような不規則な音です。喘鳴音を伴います。
  (AHAのヘルスケアプロバイダのDVDをよく聞くと、喘ぎ呼吸の声が入っています。
  しかしこの声は、小さく短いあえぐような「あゥ〜」という感じの音です。)

(2)周期(cycle)の違い
  正常な呼吸数は
  成人(8才〜 ) 3〜5秒に1回
  小児(1〜8才) 2〜3秒に1回
  乳児(0〜1才) 1〜2秒に1回
  あえぎ呼吸では、もっと少なく、1分間に数回です。
  (徐呼吸となり、長い呼吸停止をともなう)

(3)空気をすう時間と、はく時間の比率(ratio)の違い
  □□□□■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■
   すう    はく
  (吸気)   (呼気)
  inspiration expiration
  正常な呼吸では、すう時間とはく時間の比率は約1:2です。(I/E比=2)
  あえぎ呼吸では、このI/E比は2より大きくなくなります。(例えば1:3)

■市民に対する啓蒙
米国でも、あえぎ呼吸を正常な呼吸だと誤認して、CPRが実施されない状況が
ありました。しかし、救急通報を受けた側が、
(1)患者は目がさめていて、意識がありますか?、
(2)患者の呼吸は正常ですか? 呼吸を数えて、その音について描写して下さい、
(3)患者は動いていますか?
の3項目の質問を追加したところ、通報時の心停止見逃しが約3分の2に減ったとのこと
です。(AHA2004速報)
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/342/342935.html
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/342924.html

■VI. Gasping 初期心肺蘇生手順再考:Cより始めよ!Cのみ行え?
http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/00/k6fukui.htm#06

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
AHA岡山BLS・JEMTA日本救命協会
URL : http://jemta.org/
e-mail: kuga@ailabo.net
------------------------------------
岡山市 岡山県 中国地方でAHAのBLSヘルスケアプロバイダーコース(CPR/AED/窒息)開催
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by jemta at 20:01| 日記