2020年07月26日

暫定ガイダンス:COVID-19流行時の仮想トレーニングオプション



本記事のURL
http://jemta.org/index_200726.html

こんにちは。
AHA岡山BLS・日本救命協会の久我です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日のAHAからのメール
「ECC Weekly Digest: COVID-19 Resources for CPR & Resuscitation」
の後半部分は以下の通りです。

「COVID-19中の2人の救助者とチームのトレーニング活動の明確化
この期間中、通常2人以上の学生を必要とする活動には、1人の学生だけが参加できます。
この場合、生徒はコースレッスンプランで指定されたシナリオベースの学習および
テストステーションで2人目の救助者(またはチームメンバー)が何をすべきかについて、
口頭で指示を提供できる必要があります。
COVID-19の強化された予防措置に起因するコースへの追加のオプションの指示の変更に
ついては、トレーニングネットワークガイダンスセクションのCPRおよび蘇生のための
COVID-19リソースWebページに投稿された最新のトレーニングメモを参照してください」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以下は、暫定ガイダンス:COVID-19流行時の仮想トレーニングオプションの粗訳です。
=========================================
暫定ガイダンス:COVID-19流行時の仮想トレーニングオプション
Interim Guidance: Virtual Training Options during COVID-19 Outbreak
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2020年4月2日
AHAコース中のCOVID-19感染のリスクを最小限に抑えるために、AHAは、トレーニング
センターが一時的に、以下で説明する要件に基づいて認知学習や実践スキルの
仮想トレーニングを実施できるようにします。
COVID-19アウトブレイクの伝播を減らすための社会的距離のガイドラインが有効で
なくなるまで、仮想トレーニング方法を使用できます。

以下で説明する仮想トレーニングオプションに参加するには、トレーニングセンター
コーディネーターが最初に電子メール通知を送信する必要があります

・xxxxx@heart.org(米国を拠点とするトレーニングセンター用)
・xxxxxx@heart.org(国際トレーニングセンター用)

仮想トレーニングを検討する場合は、次の点に注意してください。
・コースのインストラクターマニュアルとトレーニングセンター契約に記載されている、
 トレーニングを実施するための他のすべてのAHA要件が満たされている必要があります。
 実践的なスキルの練習とテストが必要です。 AHAインストラクターネットワークの
 WebサイトにあるCOVID-19関連のすべてのガイダンスは、機器の除菌および
 指導上の変更に関するものであり、該当する場合はそれに従う必要があります。
・バーチャルトレーニングを実施するインストラクターは、トレーニングセンターと
 連携し、教えられている分野とコースカードが提供されている必要があります。
・リクエストに応じて、トレーニングセンターは、仮想トレーニングで実施されるすべて
 のクラスのコース名簿をAHAに提供する必要があります。
・COVID-19の緊急事態が終了したとき、LMSまたはその他の安全なサイトに投稿された
 すべてのクラスの記録、コースビデオ、および試験は削除する必要があります。

認知学習、実践的なスキルの練習、および試験に関する特定の要件については、以下を
参照してください。

1.認知学習
a. AHAインストラクターは、コースの認知学習部分を、実質的に次のいずれかの方法
   で管理できます。
  i. 講師は、学生がリモートで見たり話したりしながら、Web会議ソフトウェア
      を介して、必要なすべてのコースビデオを含むライブコースを実施できます。
  ii.トレーニングセンターでは、必要なすべてのコースビデオを含む、
      AHAインストラクターが指導するコースをビデオ録画し、学生が
      学習管理システム(LMS)またはその他の安全なサイトで閲覧できるように
      録画を投稿できます。
b.トレーニングセンターは、コース動画をデジタル化し、LMSまたはその他の安全な
   サイトに配置して、学生が視聴できるようにする場合があります。
   仮想トレーニングを提供する各インストラクターまたはトレーニングサイトには、
   独自のAHAコースDVDまたはストリーミングビデオへのアクセスが必要です。
c.サイトでは、コースの録画またはコース動画の閲覧を、関連するコースに
   登録されている学生とトレーニングセンターのスタッフに制限する必要があります。

2.コース試験
a. AHAインストラクターは、次のいずれかの方法でコース試験を事実上管理できます。
i. 試験問題は、コースの学生が電子的に完了するためにトレーニングセンターの
     LMSに投稿される場合があります。
 ii.インストラクターは、ライブビデオで生徒を監視しながら、
     生徒に試験問題を声に出して読んで、生徒の身元を確認し、
     試験中のオープンディスカッションを防ぐことができます。試験の終了時
     (またはインストラクターが決定したチェックポイント)に、学生は試験問題
     への回答をグレーディングのためにインストラクターにメールで送信できます。
b.試験の内容を変更することはできません。
c.試験は生徒にメールで送信できません。

3.実践的なスキルの練習とテスト
a.学生は、スキルの練習とテストに関するAHAの要件を満たす
   フィードバックデバイスを使用する必要があります。
b. AHAインストラクターは、ライブビデオを通じてスキルの練習とテストを観察する
   必要があります。
c.仮想テストのサウンドとカメラの配置は、インストラクターが
   フィードバックデバイスからのフィードバック、生徒の手の位置、マネキンの胸の
   上昇、およびその他の必要なスキル要素を含む高品質のCPRを正確に評価するのに
   十分でなければなりません。インストラクターが高品質の
   CPRスキルパフォーマンスを適切に評価できない場合は、仮想スキルテストを
   使用しないでください。
d.この期間中、通常2人以上の生徒を必要とするアクティビティでは、生徒は1人だけ
   でもかまいません。この場合、生徒はコースレッスンプランで指定された
   シナリオベースの学習およびテストステーションで2人目の救助者
   (またはチームメンバー)が何をすべきかについて、口頭で指示を提供できる必要
   があります。

バーチャルスキルトレーニングに関する質問は、
・xxxxx@heart.org(米国を拠点とするトレーニングセンター用)
・xxxxxxx@heart.org(国際トレーニングセンター用)

=========================================


以上です。
===========================================
AHA岡山BLS・JEMTA日本救命協会
アイラボ (AI Laboratory) グループ
代表 久我清
〒700-0807 岡山市北区南方2-13-1
ゆうあいセンターL32 mail:kuga@jemta.org
tel :080-6324-5577 fax :086-228-3727
-------------------------------------------
・岡山市でAHAのBLSコースを毎週開催
コロナ期間中は1.8mの距離で少人数開催
 (PC/スマホ) http://jemta.org/
 VISA/MASTER/American Express/等カード可
・4名以上なら職場でBLSを開催できます
 http://jemta.org/index_bls_syokuba.html
・AHA-FA ファーストエイド(応急手当)
 毎月第4日曜開催;米国労働省法定講習
  (PC版) http://jemta.org/fa.html
  (スマホ版) http://aha-bls.jp/first_aid/
===========================================
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by jemta at 23:32| 日記