2020年07月19日

ERCヨーロッパ蘇生協議会 新型コロナウィルスCOVID-19ガイドライン要約(7.倫理と終末期の決定)



本記事のURL
http://jemta.org/index_200719.html

こんにちは。
AHA岡山BLS・日本救命協会の久我です。

以下は、ERCの新型コロナウィルスガイドラインの一部 

7.COVID-19パンデミック中の倫理と終末期の決定
の機械訳です。

=========================================
https://www.resuscitationjournal.com/article/S0300-9572(20)30232-X/fulltext

European Resuscitation Council COVID-19 Guidelines executive summary
ヨーロッパ蘇生協議会 新型コロナウィルスCOVID-19ガイドライン要約

7.COVID-19パンデミック中の倫理と終末期の決定
Ethics and end-of-life decisions during the COVID-19 pandemic

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
COVID-19パンデミックの際の倫理と終末期の決定
パンデミックの間、多くの付随するリスクが、すでに緊張している医療システムにさ
らなる圧力をかけ、潜在的に医療崩壊につながる可能性があります。42,55,56
・パンデミックの最中、医療資源(重症病床、人工呼吸器、医薬品、試験材料、PPEなど)
 の需要は、使用可能な医療資源を大幅に超える可能性があります。
・医療従事者はCOVID-19に感染するリスクが高くなり、直接的な患者ケアとサポート業務
 の両方に適切な人員配置を提供する上で追加の課題が生じます。
・医療システムの混乱(医療資源不足、COVIDに関連しないケアの提供の減少、さらに
 重要なことには恐怖の高まりによる)は、急性および慢性の両方のその他の医学的問題
 のある患者のケアにも影響します。結局、これはCOVID-19自体によって
 引き起こされるよりも、罹患率と死亡率につながる可能性があります。57
・既存のガイドラインに対する一時的な変更は、COVID-19の普及と利用可能な医療資源
 を考慮して、各医療システムの状況の中で解釈する必要があります。COVID-19に
 関する私たちの知識はまだ限られており、より多くのデータが利用可能になると、
 ガイドラインを更新する必要がある場合があります。42
・蘇生における倫理の一般原則は依然として有効です。可能な場合は、事前のケア計画を
 検討する必要があります。58 これは、現在のCOVID-19パンデミックの状況では、
 知識の欠落、ソーシャルディスタンスの対策などにより、特に困難な場合があります。
・蘇生を差し控える、または取り下げる基準の実施は、地域の状況(法的、文化的、
 組織的)に依存します。
・医療チームは、個々の患者ごとに、生存の可能性および/または長期の良好な転帰の
 可能性と、予想される医療資源の使用を注意深く評価する必要があります。そのような
 評価は定期的に見直されるべきです。
・定型的または包括的な基準(例:年齢限界)は、医療資源または治療を受ける患者の
 適格性を判断するために使用しないでください。56
・COVID-19パンデミック時の蘇生の主な課題は、プロバイダーのリスクと患者の潜在的
 な利益の信頼性のバランスをとることが難しいことです。医療提供者は、個々の患者の
 ために最善を尽くす一方で、親族、同僚、およびより広いコミュニティに対する責任に
 ついても認識しておく必要があります。医療提供者(一次対応者を含む)は、
 COVID-19が確認または疑われるすべての患者にPPEを使用する必要があります。
 PPEのタイプは、推定される感染リスクに比例して、医療システムレベルで定義する
 必要があります。進展するパンデミックとリソースを反映するために、プロトコルを
 地域で調整する必要がある場合があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=========================================

ERCヨーロッパ蘇生協議会 新型コロナウィルスCOVID-19ガイドライン要約
(1.序論)
http://jemta.org/index_200713.html
(2.成人BLS)COVID-19が疑われるか確認された成人の一次救命処置
http://jemta.org/index_200714.html
(3.成人ACLS)COVID-19が疑われるか確認された成人のニ次救命処置
http://jemta.org/index_200715.html
(4.小児PBALS)COVID-19が疑われるか確認された小児の1次・2次救命処置
http://jemta.org/index_200716.html
(5.新生児救命処置)
http://jemta.org/index_200717.html
(6.蘇生教育とCOVID-19)
http://jemta.org/index_200718.html
(7.倫理と終末期の決定)
http://jemta.org/index_200719.html
(8.ファーストエイド)
http://jemta.org/index_200720.html

以上です。
===========================================
AHA岡山BLS・JEMTA日本救命協会
アイラボ (AI Laboratory) グループ
代表 久我清
〒700-0807 岡山市北区南方2-13-1
ゆうあいセンターL32 mail:kuga@jemta.org
tel :080-6324-5577 fax :086-228-3727
-------------------------------------------
・岡山市でAHAのBLSコースを毎週開催
コロナ期間中は1.8mの距離で少人数開催
 (PC/スマホ) http://jemta.org/
 VISA/MASTER/American Express/等カード可
・4名以上なら職場でBLSを開催できます
 http://jemta.org/index_bls_syokuba.html
・AHA-FA ファーストエイド(応急手当)
 毎月第4日曜開催;米国労働省法定講習
  (PC版) http://jemta.org/fa.html
  (スマホ版) http://aha-bls.jp/first_aid/
===========================================
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



posted by jemta at 20:46| 日記