2020年07月11日

コミュニティのための暫定的な質問と答え。COVID-19とCPRトレーニング



本記事のURL
http://jemta.org/index_200711.html

こんにちは。
AHA岡山BLS・日本救命協会の久我です。

「新型コロナウィルス流行中のバイスタンダーCPR」

「自分を護る事」と「他者を救う」は、両方問題なくできればいいですが、
現実にはそれぞれにリスクがあります。
ファーストエイドとしては、まず自分を護ること、
次に、可能なら他者を救うことです。
但し、現実には、それほど簡単な選択ではありません。

院内であれば、選択の余地はなく、医療者としては日頃から感染防止策をした上で
CPRをするしかありません。
しかし、院外で、自分がバイスタンダーの場合は、選択の余地はあるかもしれません。

CPRをすることによって自分が新型コロナウィルスに罹患するリスクを否定できません。
但し、他者が心停止であるならば、何もしないと約10分で死んでしまいます。
コロナウィルスに罹患して重症化するリスクは20%程度あり、
自分が死亡するリスクは5%程度あります。

院外で、自分がバイスタンダーなら、救急車を呼ぶだけという選択枝を
とったとしても、非難されるようなものではないかもしれません。
しかし、自分が助けなかったことで、相手が死亡し、そのことをずっとひきづって、
自分自身がずっと苦しむかもしれません。
逆に言えば、他者を救うことは自分を救うことになるかもしれません。
どうするか決めるのは自分自身です。

以下は新型コロナウィルス流行中のCPRに関するAHAの一般的な質問と答えの機械訳です。
=========================================
Home>Resources>Coronavirus COVID19 Resources for CPR Training
ホーム>資源>CPRトレーニング用のコロナウイルスCOVID19リソース

Interim FAQs for Communities: COVID-19 and CPR Training 3/27/2020
コミュニティのための暫定的な質問と答え。COVID-19とCPRトレーニング


=========================================

問い:心肺蘇生法を行うとCOVID-19に感染しますか?

答え:米国疾病対策センター(CDC)によると、
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/index.html
状況は急速に進展しており、
リスクは地域によって異なります。
誰かの心が止まり、呼吸器症状があるのではないかと心配している場合は、
個人の好みに基づいて口対口呼吸を行うか行わないかはあなたの裁量に
任されています。それでも、9-1-1に電話してAEDを見つけることが重要です。
呼吸を行う場合は、ポケットマスクやフェイスシールドなどの
バリアデバイスを使用して、身を守ることもできます。

呼吸を伴うCPRは、CPRのトレーニングを受けた人に推奨されますが、
代わりに、見知らぬ人の口に口を置くかどうかわからない場合、
または人がCOVID-19に罹患している可能性があると心配する場合は、
助けが到着するまでハンズオンリーCPRを実行できます。
ハンズオンリーCPRを実行する場合は、最初に9-1-1に電話してから、
高度なヘルプが到着するまで人の胸の中心を強く押します。
その人がCOVID-19を持っていると思われる場合は、
緊急応答テレコミュニケーターに懸念を述べてください。
応答するすべての人がCOVID-19感染の可能性を認識できるようになります。


問い:CPRのためにやはり呼吸をすべきですか?

答え: ハンズオンリーCPRは、多くの場合、
従来のCPRと同じくらい効果的であることが示されています。
心肺蘇生法のトレーニングを完了し、それが快適であると感じている場合は、
呼吸も行う必要があります。
概して、呼吸による圧迫は、特に子供/乳児、および薬物の過剰摂取、溺死、
その他の呼吸器系の問題により心臓が停止した人々の命を救うのに
最も効果的なCPRです。
しかし、最も重要なことはあなたにとって最も快適なことをすることです。
・子供や幼児の場合、心臓が停止する原因は呼吸の問題が原因である可能性が
 高いため、呼吸は非常に重要です。
 心停止したほとんどの子供や乳児は、家族や友人からCPRを受けます。
 特に子供/幼児があなたにわかっている場合は、圧迫と呼吸を行うことを
 検討してください。
・呼吸を快適に感じることができない場合、またはCOVID-19が心配な場合は、
 救急隊が到着するまで、ハンズオンリーCPRのみを実施することを検討できます。


問い:AEDは使わないといけないです?

答え: はい。 初期のAEDの使用は依然として非常に重要です。
AEDプロンプトの指示に従って、AEDパッドを人の胸に配置できます。
指示どおりにAEDを使用します。
コロナウイルスに必要な追加の指示はありません。
使用後は、メーカーのガイドラインに従って、簡単な消毒剤でAED表面を
きれいにしてウイルスを殺してください。
清掃の際は手袋を着用し、石鹸と水で手を洗うか、
アルコールベースの手指消毒剤を使用して、自分や他の人を保護してください。
顔(目、口、鼻など)に触れないでください。

マストレーニングイベント
アメリカ心臓協会は、世界保健機関(WHO)のWebサイトで概説されている
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public
大量集会に関する既存の推奨事項に従うことをサポートし、
米国では、米国疾病対策センター(CDC)の推奨事項と、
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html
国の提案や提案を参照しています。
状態、および最新の事実を持ち、COVID-19に対する基本的な保護対策に
関する情報を提供する地方の公衆衛生当局。
また、大規模なイベントの集まりに不安を感じる方は、
マストレーニングに参加しないでください。
そして、気分が悪い人は家にいることをお勧めします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(p2)
問い:新しいコロナウイルスとは何ですか? COVID-19とは何ですか?

答え:新規コロナウイルスは、これまでに特定されていない新しいコロナウイルスです。
2019年コロナウイルス病(COVID-19)を引き起こすウイルスは、一般的に人間の間で循環し、風邪のような軽い病気を引き起こすコロナウイルスとは異なります。
COVID-19は新しい病気で、これまで人間には見られなかった新しい(または新しい)コロナウイルスが原因です。
https://www.cdc.gov/coronavirus/types.html
(出典:CDC、2020年3月11日アクセス)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/faq.html


問い:それはどのように広がりますか?

答え:ウイルスは主に人から人へ、近くにいる人の間で広がると考えられています
互いに(約6フィート以内)に接触し、感染者は咳やくしゃみをします。
これらの飛沫は、人の口や鼻に着弾する可能性があります
近くにあるか、肺に吸入されている可能性があります。
人々は、最も症候性(病気)であるときに最も伝染性であると考えられています。
いくつか症状が現れる前に広がる可能性があります。
これが発生したという報告があります
この新しいコロナウイルスでは、これはウイルスが広がる主な方法で
あるとは考えられていません。 (ソース:CDC)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/how-covid-spreads.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fprepare%2Ftransmission.html


問い: COVID-19は表面から感染しますか?

答え: ウイルスが付着している表面や物体に触れ、自分の口や鼻、
場合によっては目に触れることでCOVID-19に感染する可能性がありますが、
これはウイルスが広がる主な方法ではないと考えられています。(出典:CDC)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/how-covid-spreads.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fprepare%2Ftransmission.html


問い: COVID-19 の症状はどのようなものですか?

答え: COVID-19が確認された症例では、軽度の症状から重症化、
死亡に至るまで報告されています。
症状は曝露後2〜14日後に現れ、発熱、咳、息切れなどがあります。
高齢者や、心臓病、糖尿病、肺疾患などの基礎疾患を持つ人は、
重症化する可能性が高くなります。
症状が出た場合、COVID-19 を持っていることが知られている人と
密接に接触したことがある場合、または COVID-19 が蔓延している地域から
最近旅行したことがある場合は、医師に連絡するようにしてください。(出典:CDC)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/how-covid-spreads.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fprepare%2Ftransmission.html
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/symptoms-testing/symptoms.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fabout%2Fsymptoms.html

問い: 自分の地域でCOVID-19に感染している人が何人いるのか、
どのようにして知ることができますか?

答え: COVID-19の罹患率は地域によって異なりますが、
状況は急速に変化していますので、CDC、WHO、地方/州/連邦政府、
および/または地域の公衆衛生局の勧告に従うことが重要です。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/cases-updates/cases-in-us.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fcases-updates%2Fsummary.html
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(P3)
問い: CDCはどのように私がCOVID-19に罹患しないように自分自身を保護することをお勧めしますか?

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/prevention.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fprepare%2Fprevention.html

答え: 以下の推奨事項を確認してください。

・病気のときは家にいてください。

・ 特にトイレに行った後、食事の前、鼻をかんだ後、咳やくしゃみをした後、
 少なくとも20秒間は石鹸と水で頻繁に手を洗う。

 https://www.cdc.gov/handwashing/when-how-handwashing.html
  −石鹸と水が手に入らない場合は、アルコール度数60%以上の
   アルコール系手指消毒剤を使用する。
手が目に見えて汚れている場合は、
   必ず石鹸と水で手を洗う。
・病気の人との密接な接触を避ける。

・目、鼻、口に触れないようにする。
・ 咳やくしゃみはティッシュで覆い、ゴミ箱に捨てましょう。
・ 清潔にし、頻繁に触れたオブジェクトや表面は、
 定期的な家庭用洗浄スプレーを使用して消毒するか、または拭いてください。

・フェイスマスクを使用するための CDC の推奨事項に従ってください。
  − CDC は、COVID-19 を含む呼吸器疾患から自分自身を保護するために、
   フェイスマスクを着用することをお勧めしません。

  −フェイスマスクは、COVID-19の症状を示す人が
   他の人への感染拡大を防ぐために使用すべきです。

   フェイスマスクの使用は、医療従事者や、身近な場所(自宅や医療施設)で
   誰かの世話をする人にとっても重要です。

   https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/hcp/infection-control.html
   https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/hcp/guidance-home-care.html
・発熱や咳や呼吸困難などの呼吸器疾患の症状があり、COVID-19の感染が
 知られている人と密接に接触したことがある場合や、
 感染が広がっている地域に住んでいるか、
 最近旅行したことがある場合は、医療従事者に早めに連絡してください。
 
最近の旅行や接触については、医療専門家に伝えてください。
 
医療専門家は、州の公衆衛生局やCDCと協力して、
 COVID-19の検査を受ける必要があるかどうかを判断します。

・ 忘れないでください。インフルエンザワクチンを受けるのに
 遅すぎるということはありません。

=========================================

ERCヨーロッパ蘇生協議会 新型コロナウィルスCOVID-19ガイドライン要約
(1.序論)
http://jemta.org/index_200713.html
(2.成人BLS)COVID-19が疑われるか確認された成人の一次救命処置
http://jemta.org/index_200714.html
(3.成人ACLS)COVID-19が疑われるか確認された成人のニ次救命処置
http://jemta.org/index_200715.html
(4.小児PBALS)COVID-19が疑われるか確認された小児の1次・2次救命処置
http://jemta.org/index_200716.html
(5.新生児救命処置)
http://jemta.org/index_200717.html
(6.蘇生教育とCOVID-19)
http://jemta.org/index_200718.html
(7.倫理と終末期の決定)
http://jemta.org/index_200719.html
(8.ファーストエイド)
http://jemta.org/index_200720.html

以上です。
===========================================
AHA岡山BLS・JEMTA日本救命協会
アイラボ (AI Laboratory) グループ
代表 久我清
〒700-0807 岡山市北区南方2-13-1
ゆうあいセンターL32 mail:kuga@jemta.org
tel :080-6324-5577 fax :086-228-3727
-------------------------------------------
・岡山市でAHAのBLSコースを毎週開催
コロナ期間中は1.8mの距離で少人数開催
 (PC/スマホ) http://jemta.org/
 VISA/MASTER/American Express/等カード可
・4名以上なら職場でBLSを開催できます
 http://jemta.org/index_bls_syokuba.html
・AHA-FA ファーストエイド(応急手当)
 毎月第4日曜開催;米国労働省法定講習
  (PC版) http://jemta.org/fa.html
  (スマホ版) http://aha-bls.jp/first_aid/
===========================================
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



posted by jemta at 23:39| 日記