2020年04月23日

ヒューストンの医師によるコロナオンライン勉強会とマスクの手入れ



本記事のURL
http://jemta.org/index_200423.html

こんにちは。
AHA岡山BLS・日本救命協会の久我です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
世界のCOVID-19の新規感染者数のピークは超えたように見えます。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/
日本も同様に少なくなったようにも見えます。
https://www.asahi.com/special/corona/
これで収束するかに見えますが、
ハーバード大の研究によると、
政治的に学校閉鎖等の社会的距離を確保すれば、感染数は減りますが、
規制緩和すればまた再発するというようなサイクルを繰り返し、
ワクチン開発に成功しない限り、2022年まで繰り返すパターンが
シュミレートされています。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1250432972504752130
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■(1)市民向けオンライン勉強会のご紹介
ヒューストン日本商工会
新型コロナウイルス オンライン勉強会
https://jbahouston.org/covid19
 
講師:テキサス大、ベイラー医科大の日本人医師
Youtube公開:4/28(火)迄
https://www.youtube.com/watch?v=c8Iws-LNTV0
 
これは、3月末にヒューストンで、米国の医師研究者向けに
COVID-19に関する勉強会を開催していた経緯があり
それを市民向けに、オンラインでの勉強会を企画されたそうです。
 
COVID-19情報についてもわかりやすいですし、
オンライン会議のやり方についても
非常に勉強になります。
(尚、ウィルスの挙動については以下もわかりやすいです)
https://bit.ly/34XVusT
 
このオンライン勉強会の特徴
・Zoomで参加(主催者ホストが有料会員なら40分の制限なし)
・Youtube Live同時配信
・Polleverywhereによるオンラインアンケート集計
などです。

アフターコオrナ世界では、オンライン会合が増えるでしょうし、
感染抑制や会場費用の節約にもなり、参考になるのではないでしょうか。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■(2)マスクの手入れについて
コロナウィルスの生存時間と有効な消毒薬については
2月のHospital Infection誌に独のグライフスヴァルト大から
詳細な研究結果が出されています。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1233985885848268800
その後、NIHからも出ましたが、結果は少し違っていました。
消毒薬については、不活性化時間が非常に重要で、私は
花王のビオレu、ハンドスキッシュX、ライオンのキレイキレイ
などの一般向け消毒薬は新型コロナには効果がないと思います。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1249304529889144832
FDAも推奨していますが、WHOが推奨する手指消毒薬Form1かForm2を
使うべきだと思います。
尚、手ピカジェル、ビビスコールはCDCの勧告にも、
上記論文でも準拠しており、有効な消毒薬だと思われます。
 
さて、今月、Lancet Microbe誌に同様の論文が発表されました。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1252243924107710464
この論文で私が興味を持ったのは、サージカルマスク表面での
ウィルスの生存時間です。
サージカルマスクの表面についたウィルスは1週間以上生きています。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1252525082951311360
 
先月末、マスク不足により、京大病院では1週間に1枚との報道が
ありました。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/191462
岡山県の感染症指定医療機関の中でも1週間に1枚の所があるようです。
LancetM誌の研究によれば、ウィルスは一般に寒さには強いようですが、
熱には敏感です。
もし、サージカルマスクを使い回しをせざるを得ないのであれば、
マスク工業会は、水で濡らすと機能が落ちると言われていますので、
70℃で5分以上で加熱した方がよいのではないかと思います。
試してみたら、薄いダンボールで挟んで、アイロン温度「中」で
10分置けば、70℃で5分以上を保て、
また、マスクに変化はありませんでした。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1252547826438909952
但しこの方法が有効であるエビデンスはありません。
 
他にも、マスク以外にも不足している資機材の中で、
ご存知かもしれませんが、フェースシールドは菅単に自作が可能です。
https://twitter.com/kiyoshikuga/status/1249712162420830209
 
以上です。
===========================================
AHA岡山BLS・JEMTA日本救命協会
アイラボ (AI Laboratory) グループ
代表 久我清
〒700-0807 岡山市北区南方2-13-1
ゆうあいセンターL32 mail:kuga@jemta.org
tel :080-6324-5577 fax :086-228-3727
-------------------------------------------
・岡山市でAHAのBLSコースを毎週開催
コロナ期間中は1.8mの距離で少人数開催
 (PC/スマホ) http://jemta.org/
 VISA/MASTER/American Express/等カード可
・4名以上なら職場でBLSを開催できます
 http://jemta.org/index_bls_syokuba.html
・AHA-FA ファーストエイド(応急手当)
 毎月第4日曜開催;米国労働省法定講習
  (PC版) http://jemta.org/fa.html
  (スマホ版) http://aha-bls.jp/first_aid/
===========================================
以上です。


posted by jemta at 20:16| 日記