2015年09月27日

成人の院外CPRは35分以上53分まで 欧州心臓病学会:金沢大の後藤由和教授の発表和訳



本記事のURL
http://jemta.org/index_150927.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんにちは。
AHA岡山BLS・JEMTA日本救命協会の久我です。

先月、ロンドンで行われたヨーロッパ心臓学会(European Society of Cardiology)2015
http://www.escardio.org/The-ESC/Press-Office/ESC-Congresses/press-conference-schedule-including-details
での金沢大学病院救急部長の後藤由和教授の発表
「CPR for out-of-hospital cardiac arrest should be conducted for at least 35
 minutes」 (院外心停止のCPRは35分以上行うべき)
のプレスリリースと発表のスライドを以下和訳しました。

【要旨は】
成人の院外心停止において、
「CPRを35分行えば、助かる人は 99%助かる」
「CPRを53分行えば、助かる人は100%助かる」
(逆に言うと、CPRを53分行っても蘇生しない場合は、100%助からない)
但し
・小児は別
・体外循環使用は別
(低体温や中毒はもっと長く!?)
救急隊員のCPRにより病院到着前に自己心拍を再開した18歳以上の成人1万7,238例。
消防庁のウツタイン様式住民ベース研究に登録された2011〜2012年のデータ解析
科研費助成:「院外心停止に対する蘇生中止基準に関する研究」

========================================
ESC Congress 2015 London, UK, 29 August - 02 September
FP Number     :1321
Embargo BST    :30 Aug. 2015 at 11:00
Presenter     :Associate Prof. Yoshikazu Goto(http://goo.gl/SDvg5i
Presentation Title:CPR for out-of-hospital cardiac arrest should be conducted
for at least 35 minutes


■Press release 報道発表
http://www.escardio.org/The-ESC/Press-Office/Press-releases/Last-5-years/CPR-for-out-of-hospital-cardiac-arrest-should-be-conducted-for-at-least-35-minutes
========================================

CPR for out-of-hospital cardiac arrest should be conducted for at least 35
minutes
院外心停止のCPRは35分以上行うべき
                                  30 Aug 2015
                             London, UK 30 Aug 2015:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Cardiopulmonary resuscitation (CPR) for out-of-hospital cardiac arrest should be
conducted for at least 35 minutes,according to research presented at ESC
Congress today by Dr Yoshikazu Goto,associate professor and director of the
Department of Emergency and Critical Care Medicine at Kanazawa University
Hospital in Kanazawa, Japan.1 The study in more than 17 000 patients found that
nearly all survivals were achieved within 35 minutes and longer CPR achieved
little benefit.

院外心停止の心肺蘇生(CPR) は、35分間以上は実施されるべきです。金沢大学附属病院の
救急部長・病院臨床教授の後藤由和氏が、本日ヨーロッパ心臓病学会で発表した研究によ
ると、17,000人以上の患者研究では、ほとんどの蘇生は35分以内に達成され、それ以上
CPRを行っても得られる利益は少ないということです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Ischemic Heart Disease and Acute Cardiac Care
虚血性心疾患・緊急心疾患治療
EMBARGO : 30 August 2015 at 11:09 BST

Dr Goto said:
"The decision regarding when to stop resuscitation efforts is one of the biggest
challenges for emergency medical services (EMS) personnel or clinicians.
However,the appropriate duration of CPR is not clear.
Clinicians have raised concerns that lengthy resuscitation efforts might be
futile. We investigated how long CPR should be conducted to achieve maximum
survival and favourable neurological outcome."

後藤教授の説明:
いつ蘇生を中止するかの決断は、救急隊や臨床医の最大の課題です。しかし、 CPRの最適
な時間は明らかになっていません。臨床医は長い時間の蘇生努力は無駄かもしれないと懸
念しています。我々はどのくらい長く CPRを実施すれば最大の蘇生率と良好な神経学的転
帰が得られるかを調べました。

This prospective, population-based study included 17 238 adults who received CPR
by EMS personnel in the field in 2011 and 2012. Patient records were obtained
from a national database. The researchers analysed the relationship between the
duration of pre-hospital CPR by EMS personnel (time from EMS-initiated CPR to
return of spontaneous circulation) and two endpoints: one month survival and one
month favourable neurological outcome after cardiac arrest.

この前向き・集団ベースの研究は、2011年と2012年において、救急隊からCPRを受けた
17238人の成人を対象としています。患者のデータは国のデータベースより得ました。
救急隊による病院前CPRの期間(CPR開始から自己心拍再開まで)と2つの評価項目(1カ月
後生存と心停止後の1カ月の良好な神経学的所見)との関係を調べました。

The study found that the probability of survival declined with each minute of
CPR (Figure 1). It also showed that 99.1% of all survivors and 99.2% of
survivors with favourable neurological outcomes achieved return of spontaneous
circulation within 35 minutes of EMS-initiated CPR (Figure 2). No patient with a
CPR duration of 53 minutes survived one month after cardiac arrest (Figure 2).

本研究により、 CPR継続時間が長くなるにつれて、蘇生率が低下することがわかりました
(図1.) 全ての生存者の99.1%と神経学的予後が良好な生存者の99.2%が、救急隊が CPRを
開始してから35分以内に自己心拍の再開が得られました。(図2.)53分間CPR を施行した患
者で、心停止後に1か月間生存された方はいませんでした。(図2.)

Dr Goto said: “Our study shows that EMS personnel or clinicians should continue
CPR for at least 35 minutes in patients who suffer cardiac arrest outside the
hospital. More than 99% of survivals and favourable neurological outcomes were
achieved by 35 minutes with minimal gains afterwards. CPR leads to absolutely no
benefit from 53 minutes onwards.”

後藤教授の説明:
我々の研究では、救急隊や臨床医は、院外心停止の患者には35分以上は CPRを続けるべき
であることを示唆しています。

“Our finding that the likelihood of surviving with a favourable neurological
outcome declines with each minute of CPR indicates that the time from cardiac
arrest to CPR is a crucial factor in determining whether a patient will return
to a normal life,” added Dr Goto. “This implies that we need to start CPR as
soon as possible.”

「良好な神経学的転帰での蘇生の可能性が、 CPRを続ける時間と共に低下しているという
我々の発見は、心停止から CPRまでの時間が患者が普通の生活に戻れるかどうかを決める
重要な要因であることを示唆しています。」後藤教授は「このことは、できるだけ CPRを
早く開始することが必要だということを暗示しています」と付け加えました。

He concluded: “We hope our findings give EMS personnel and clinicians the
confidence that if they stop CPR after 35 minutes they have done everything they
can do for a patient. This should help them know when it is appropriate to move
on to the next medical emergency.”

後藤教授は「我々の発見によって、救急隊員や臨床医が、少なくとも35分間CPRを続けれ
ば、彼らは患者にできることは全て行ったと確信を持てるようになることを希望します」
と結論しました。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Figure 1. Dynamic probability of 1-month survival and 1-month favourable
neurological outcomes
図1. 1カ月生存と1カ月後の良好な神経学的転帰の動的確率
横軸:CPR継続時間(分)、縦軸:生存率・神経学的良好転帰率(%)

【*訳注】例えば、心停止後CPRを行って蘇生できた人のうち、
1分以上CPRを行って1カ月間生存できたのは蘇生者全体の36.8%、
1カ月後の神経学的転帰もよかったのは蘇生者全体の21.8%
(つまり、CPR1分以上で蘇生できた人を、その後の1カ月間で見ると、
・神経学的転帰もよかった人は蘇生者全体の22%、
・神経学的予後が悪かった人は蘇生者全体の15%、
・1カ月以内に亡くなった方は63%。
まとめると、心停止後に一時的に蘇生できても、
助かるのは4割、社会復帰は2割。死亡は6割。)

例えば、CPR20分以上行って蘇生できた人の中で、
1カ月間生存できたのは、蘇生者全体の4.6%、1カ月後の神経学的転帰もよかったのは1.9%
(生存できたとしても、神経学的転帰は当然、生存率より低くなる)
例えば、CPR30分以上行って蘇生できた人の中で、
1カ月間生存できたのは、蘇生者全体の0.8%、1カ月後の神経学的転帰もよかったのは0.4%
例えば、CPR53分以上行って生存できた人は0%。
例えば、CPR9分以上行って、1カ月生存できたのは全体の20%
例えば、CPR3分以上行って、1カ月後の神経学的転帰もよかったのは全体20%
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





Figure 2. Cumulative proportion of survivors and survivors with favourable
neurological outcomes 1 month after cardiac arrest
図2. 心停止後、1カ月生存と1カ月後の良好な神経学的転帰の累積割合
横軸:CPR継続時間(分)、縦軸:生存率・神経学的良好転帰の累積割合

【*訳注】
例えば、生存者の52.8%は  CPR10分以内で蘇生できている。
神経学的良好転帰者の63.9%はCPR10分以内で蘇生できている。
例えば、生存者の87.6%は  CPR20分以内で蘇生できている。
神経学的良好転帰者の91.3%はCPR20分以内で蘇生できている。
例えば、生存者の99.1%は  CPR35分以内で蘇生できている。
神経学的良好転帰者の99.2%はCPR35分以内で蘇生できている。

例えば、  生存者の50%はCPR10分以内で蘇生できている。
神経学的良好転帰者の50%はCPR 8分以内で蘇生できている。 
(早く蘇生したほど、予後がいい)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
○References 参考
1Dr Goto will present the abstract ‘Duration of resuscitation efforts and
survival after out-of-hospital cardiac arrest: an observational study’ during:
・The press conference ‘Cardiac Arrest: Improving Outcomes’ on Sunday 30
August at 14:30
・The session ‘Syncope and sudden death’ on Sunday 30 August at 11:00 in the
Agora, Poster Area (presentation at 11:09)

後藤教授は、院外心停止後の蘇生努力の持続時間と生存の観察研究を発表を予定。
・記者会見 心停止:治療成績の改善 8/30(日) 14:00
・失神と突然死会議 8/30(日) 11:00 会場内、ポスター会場(説明11:09)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

○Notes to editor 編集者への注記
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
SOURCES OF FUNDING: This work was supported by the Japan Society for the Promoti
on of Science (JSPS) KAKENHI grant number 15K08543.
DISCLOSURES: None.
本研究は、日本学術振興会の科研費 研究課題番号:15K08543の支援を受けた。
院外心停止に対する蘇生中止基準に関する研究
https://kaken.nii.ac.jp/d/p/15K08543.ja.html
https://kaken.nii.ac.jp/d/p/15K08543/2015/1/ja.ja.html
開示項目:なし


ESC Press Office
For background information or assistance, please contact the ESC Press Office.
For independent comment on site or interviews, please contact the ESC
spokesperson coordinator: +44 7785 467 947
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

About the European Society of Cardiology
The European Society of Cardiology (ESC) represents more than 90 000 cardiology
professionals across Europe and worldwide. Its mission is to reduce the burden
of cardiovascular disease in Europe.

About ESC Congress 2015
ESC Congress is the world’s largest and most influential cardiovascular event
contributing to global awareness of the latest clinical trials and breakthrough
discoveries. ESC Congress 2015 takes place 29 August to 2 September at ExCel
London in London, UK. Access the scientific programme. More information is
available from the ESC Press Office at press@escardio.org.
To access all the scientific resources from the sessions during the congress,
visit ESC Congress 365.
This press release accompanies both a presentation and an ESC press conference
at the ESC Congress 2015. Edited by the ESC from material supplied by the
investigators themselves, this press release does not necessarily reflect the
opinion of the European Society of Cardiology. The content of the press release
has been approved by the presenter.


========================================
■スライドの和訳
http://www.escardio.org/static_file/Escardio/Press-media/Press%20releases/2015/Congress/Yoshikazu-Goto.pdf

●院外心停止後の蘇生努力の継続時間と生存:観察研究
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Duration of resuscitation efforts and survival after in-hospital cardiac arrest
: an observational study
Background and Purpose
・The decision regarding when to stop resuscitation efforts for patients with
 out-of-hospital cardiac arrest is one of the biggest challenges for emergency
 medical services (EMS) personnel or clinicians.
・Moreover, the appropriate duration of cardiopulmonary resuscitation (CPR)
 remains unclear.
・Clinicians have also raised concerns that prolonged resuscitation efforts
 might actually be futile.
・In this study, we investigated how long CPR should be conducted to achieve
 maximum survival and favourable neurological outcome.
Y GOTO, T Maeda, A Funada, Y Nakatsu-Goto
Department of Emergency and Critical Care Medicine, Kanazawa University Hospital
, Kanazawa, Japan

背景と目的
・院外停止患者に対して、蘇生努力をいつやめればよいかの判断は、救急隊員と臨床医に
 とって最大の課題のひとつである。
・さらに、CPRの最適な継続時間はいまだによくわかっていない。
・臨床医はまた、蘇生努力を長く行っても実際には無益かもしれないとの懸念を提起して
 いる。
・本研究では、どのくらい長く CPRを行えば、最大の蘇生率と良好な神経学転帰の結果を
 得られるのかを調べた。
後藤由和、前田哲生、舟田晃
金沢大学附属病院救急部

●declaration of interest
I have nothing to declare 利益相反なし
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Methods and Results 方法と結果
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Methods 方法
2-year-long, nationwide, population-based observational study conducted in
Japan (2011-2012) N = 17,238 adults who experienced a prehospital return of
spontaneous circulation (ROSC) after EMS-treated out-of-hospital cardiac arrest
Endpoints: 1-month survival and 1-month favourable neurological outcomes
2011年から2012年の2年間の日本全国、集団ベースの観察研究
院外心停止で、救急隊によって治療され病院到着前に自己心拍が再開した成人17,238人
エンドポイント(評価項目)
Results 結果
1-month survival rate 36.8% (6,347/17,238)
1カ月生存率
1-minth favourable neurological outcomes rate 21.8% (3,771/17,238)
1カ月後の良好な神経学的所見
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


●Figure1.CPR duration(*) and outcomes CPR経過時間と結果
横軸:CPR duration(min) CPR継続時間
Time from the initiation of CPR by EMS personnel to pre-hospital ROSC
救急隊によってCPRを開始してから病院前に自己心拍が再開するまでの時間

Survivors 10(IQR 6-16)
【*訳注】1カ月間生存していた方で何分CPRを行ったのかのデータを小さい順に並べると
小さい方から1/4の位置のデータは6分。第1四分位値 (1st quartile, Q1)=6
小さい方から3/4の位置のデータは16分。第3四分位値 (3rd quartile, Q3)=16
Q3-Q1=16-6=10となります。標準偏差SDは、各データからの平均値からのずれから計算し
ますが、interquartile range(IQR)四分位範囲は、Q3-Q1の値です。SDはデータ両端が、
離れていると大きな値になりますが、IQR四分位範囲は両側の1/4ずつは外しますので、大
きな値にはなりません。データのバラつきの範囲を示す簡易的な指標です。
この場合の中央値は、6+(16-6)/2=11くらいでしょうか。
1カ月生存できた方は、11±10分くらいは、CPRをしていたことになります。
Non-Survivors 10(IQR 6-16)
1カ月間の内に亡くなった方は、IQR=17で生存できた方の場合よりばらつきが大きいです。
1カ月後の良好な神経学的所見の方はIOR=8で、生存者全体より早い蘇生だったことがわか
ります。
神経学的所見の悪かった方のIOR=16であり、良好な方より長くCPRをしていたことがわか
ります。

All p<0.0001
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


●Figure 2. Odds ratios of CPR duration(*) CPR経過時間のオッズ比
Survivors 生存
 Crude 未調整オッズ比 0.91 (0.91-0.92)
 Adjusted調整オッズ比 0.93 (0.92-0.93)
Favourable 神経学的転帰良好
 Crude 未調整オッズ比 0.89 (0.89-0.90)
 Adjusted調整オッズ比 0.91 (0.90-0.92)

Odds ratio (95% CI)
*for 1-unit increment
【*訳注】
このFig2は、オッズ比のグラフが書かれていますが、比を求める分子/分母のオッズをど
うやって計算されたのか定義が不明です。又予後に関わらず救急隊が行った CPR継続時間
の分布の図がないのでイメージしにくいのですが、CPR durationのオッズ比となっていま
すので、仮に CPR経過時間が35分以下か以上かで、死亡/生存かでオッズを求めたのかと
考えてみました。生存のオッズ比が0.93になるように試行してみました。 CPR継続時間が
35分以下の場合を 85%程度から始めて、少しずつ増やして試行計算してみたのですが、な
かなかつじつまが合わなかったのですが、 99%で仮定すると、なんとなくそれらしくなり
ました。結果の表を以下に示します。




しかし、これだと35分以上 CPRを行ったケースが少なかったのにも関わらず、そのデータ
群を用いて、CPRが短かった所から外挿してCPR蘇生時間の限界値を出していることになり
ますので、この試行は全くの見当違いかもしれません。正式なペーパーのパブリッシュを
期待している所です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







●Conclusion 結論
The likelihood of survival with a favourable neurological outcome declines with
every 1-minute increase in CPR time after out-of-hospital cardiac arrest.
→ CPR duration is a crucial factor in determining whether a patient will
returen to a nomal life.
院外心停止後のCPRの時間が1分増すごとに、良好な神経学的転帰の可能性は減少します。
→ CPR継続時間は患者が普通の生活に戻れるかどうかを決める重要な要因です。

To achieve maximum survival and favourable neurological outcome, EMS personnel
should administer at least 35 minutes pre-hospital CPR for patients with
out-of-hospital cardiac arrest.
→ If EMS personnel stop CPR after 35 minutes,they have done everything they can
do for a patient.
院外心停止の傷病者に対して、救急隊員は蘇生率と神経学的転帰が最大になるように、35
分以上はCPRを続けるべきです。
→ 救急隊員が35分後にCPRを止めたとしても、彼らは傷病者に対して、できることは手を
尽くした言えます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

========================================

【*訳註】
AHAガイドライン2010の3章では、「倫理」の勧告の章があり、以下関連部分の抜粋です。

「アメリカ救急医学会(National Association of EMS Physicians:ABEM)ではALSを20分間
行っても反応しない患者の場合、蘇生努力を中止できることを示唆している。(中略)
このルールは米国、カナダ、およびヨーロッパの複数の地域で、成人患者に対して後ろ向
きかつ外部的に確認されており、すべての ALSサービスでこのルールを採用することが合
理的といえる(クラスUa、LOE B)」S670ページ

「1990年、医学的無益の客観的基準は、治療介入および薬剤による生存の可能性が、1%を
下回る場合と定義された。この基準には議論の余地があるかもしれないが、現時点ではこ
れが医学的無駄の研究の基盤となっている。」S668

「現場で蘇生を終了することで、救命救急士が誤ってバイオハザードにさらされる危険性
や、救急部での死亡判定かかる高額なコストを下げることができる。より重要なのは、搬
送中に CPRの質が低下することであり、救命率は病院へ急ぐことよりも、現場でのケアを
最適化することに結びついている点である」S670

「蘇生行為を意図的に遅らせたり、見かけ上行っているような形だけの努力、いわゆる
「 Slow-code(スローコード)」(無効な蘇生と知りながら蘇生)を行うことは適切ではな
い。このような行為は医療従事者の倫理的誠実さを傷つけ、欺瞞によって誤った印象を生
み、医師と患者の関係を損なうことにつながる。「疑似蘇生」行為はプレホスピタルDNAR
および蘇生中止プロトコルが実施されていない地域で、心停止の 27%で行われると救急救
命士によって自己報告されている」S669

「(新生児 蘇生努力の中止)心拍を検出できない新生児では、10分間心拍数を検出できな
いままの場合」、蘇生の中止を考慮するのが最適である(クラスUb LOE C) 心拍を検出で
きない新生児に10分を超えて蘇生の努力を継続する場合、推定される心停止の原因、新生
児の在胎週数、合併症の有無、低体温症の潜在的な役割、許容できる病態のリスクについ
て両親が事前に示した感情などの要因を考慮しなければならない」S938


【*私見 以下は完全なる私見です。】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
スローコードについて
CPRは本人の介入同意を仮定しての侵襲性の高い行為です。蘇生の見込みがない状態でCPR
を続けることは、スローコードであり、個人の尊厳を傷つけることになると思います。本
人が心停止してからの臨終から死への遷移は、周囲の人の医学観から宗教観・生死観への
切替えが必要であり、自然科学の物質観より、個人や家族の宗教的価値観への配慮がなさ
れるべきだと思います。家族への配慮や医療者に関することは文献にありますが、臨終を
迎える本人の事に関する宗教の文献を調べた所、日本の最大の仏教団体の臨終に関する文
献には、臨終の時に指一本でもさわると、本人は、大磐石を投げられたように痛く感じる
とあります。だから亡くなってから、半日は遺体を動かすべきでないと昔から戒められて
いると書かれています。(日寛上人著 臨終用心抄(富士宗学用集第3巻P259〜269))
http://sgi.daa.jp/makiisi/9410rinjyu.html
一方、ご家族への配慮について、 CPRとは違いますが、例えば「死後直後の死体による訓
練に関する倫理S673」では、「死亡直後の死体を訓練に用いることは、倫理的、法的に重
大な問題が絡んでいる。(中略)死体は人ではなく自律や関心をもたないため、同意は必
要ないという意見もある。しかしこれらの主張は、死んだばかりの愛する人を訓練や研究
用に使うことに反対するするかもしれない残された家族を傷つける可能性を十分に重視し
ていない。(中略)最終的には、医療従事者の救命技術を訓練する必要性よりも個人に関
する配慮を優先すべきである」とも書かれています。
もし、ご家族が納得するようにとスローコードを強行すれば、家族によっては、『本人が
見ず知らずの他人から胸を押されて痛がっているのではないか』と感じるかもしれず、家
族の心を傷つけ、不信を抱く結果になる可能性もあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
新生児のCPR中止基準「10分」
AHAのガイドライン2005の第2部第2部 倫理上の問題では、「新生児の新生児では、継続
的なまた適切な蘇生努力を10分以上行なっても生命徴候が認められない場合、蘇生を中止
する事は許容されうる。 10分以上の徹底した蘇生努力を行なっても反応が無い場合には、
生存する見込みや障害なく生存する見込みはきわめて低い[8-11]。これまで小児において
は蘇生が長時間にわたり2回のアドレナリン投与 によっても自己心拍の再開(ROSC)が得ら
れなかった場合には、生存の見込みはないと考えられていたが[12]、院内で非常に長時間
にわたる蘇生を行なった後に神経学的に異常なく生存した例が報告されてきている[13-15]
http://plaza.umin.ac.jp/GHDNet/05/aha-020.htm
と書かれています。

AHA岡山BLSで、 BLS-HCPを受講された看護師さんから過去に印象深い体験を伺ったことが
あります。「私は、ドクターと一緒に新生児の蘇生を始めましたが蘇生できず、ドクター
は時計を見て「もう10分経ったよなぁ」と言って部屋を出ていかれましたが、私は『いや
この児は絶対助かる』と決めて、一人で部屋に残ってずっとCPR を続けました。45分くら
いしたら、赤ちゃんの顔が急にぱーっと赤くなり、その赤ちゃんは助かりました。私は喜
んでドクターの所に走って行って、「先生、助かりましたよ!」と言ったら、ドクターは
「あっそぅ」と生返事をされました。しかし、この事が私の看護師としての誇りになって
います」と涙ぐんでお話しをされました。

個人的には、新生児のこの10分という中止基準は少し早すぎるのではないかと思っていま
す。AHAガイドライン2010 新生児蘇生
http://circ.ahajournals.org/content/122/18_suppl_3/S909.full.pdf
のS915ページのこの「10分」勧告のベースは3つの文献です。それぞれ93/42/208児の少数事例
93児
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022347605800460
42児
http://fn.bmj.com/content/78/2/F112.abstract
208児
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19948631
『成人が35分 /53分なのに、何故、新生児は10分と短いのか。早くあきらめているのでは
ないか?産科医は新生児を「意識」や「心」のある人と捉えているのか?』という素朴な
疑問は、産婦人科医の池川先生の著作を何冊か読んで逆説的に感じました。例えば「生ま
れた赤ちゃんのお尻を強く叩くと赤ちゃんが怒った顔をするのがわかった。それから対応
を変えると、赤ちゃんの反応もよくなった」という文や、子どもが自分の出産の時の記憶
を語った文章が特に印象に残っています。池川先生も、大規模に子供に胎児記憶のアンケ
ートを行ってから、それまでの考え方が変わったと書かれていましたから、逆説的に普通
の産科医の考え方を推測して、この疑問を持った次第です。
http://www.30ans.com/memory/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【*訳注 参考文献】
・Medical-Tribune 院外心停止例へのCPRは何分続けるべきか(ESC2015の本発表の紹介)
https://medical-tribune.co.jp/news/2015/0908024236/
・Duration of Resuscitation Efforts and Functional Outcome after Out-of-Hospital
 Cardiac Arrest: When Should We Change to Novel Therapies?
http://circ.ahajournals.org/content/128/23/2488.full
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4004337/


・CPRをやめるとき 最新救急事情2000/01月号 OPS(30分が中止目安)
http://ops.umin.ac.jp/ops/jijou/jijo_10.html
・一般内科医のお勉強ブログ&日々の徒然 心肺蘇生はいつ止めたら良いのか(最低20分) 
http://pannai.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
・救急科専門医の独り言 いつまで蘇生を続けるべきか?(20分で中止検討)
http://kekimura.blog.so-net.ne.jp/2012-07-01
・低体温下のヒト脳は長い心肺蘇生法でも回復する
 CPR2時間45分後にほぼ完全な脳蘇生に成功した1 成人例
http://www.anesth.hama-med.ac.jp/Anedepartment/soseigakkai-25th-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A01%EF%BC%88%E5%B2%A9%E4%B8%8B%EF%BC%89.pdf
・心停止82分奇跡の生還 西予61歳男性 後遺症がなく回復
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6126357
・Duration of resuscitation efforts and survival after in-hospital cardiac arrest:
 an observational study
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(12)60862-9/fulltext?rss=yes
========================================
以上です。



posted by jemta at 20:04| 日記