2012年05月21日

部分日食in岡山BLS


こんにちは。AHA 岡山 BLS JEMTA日本救命協会の久我です。

今朝、日本では932年ぶりに広範囲に金環日食の天体ショーが
展開されました。
拙BLSサイトのある岡山市は金環日食手前の部分日食(食分0.93)でした。
6:17から日食が始まり、7:28:55が食の最大で、8:52が食の終わりでした。
以下のサイトを参照して観察しました。
http://homepage2.nifty.com/turupura/nissyoku/2012kinkan/kakuchi/08_chugoku.html


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■部分日食撮影
 スマホのレンズの前にソーラーグラスをつけて撮影しました。
 6:09から9:00まで、上記リンクの時刻間隔を参考にして撮影しました。
20120521.jpg

 ・最大食の時(7:30頃)は10回くらい試しましたが何故か写りませんでした。
  他の時刻ではそれぞれ1回のトライで撮れました。
  動画では取れましたので、7:33のMOVの写真は動画からのスナップショットです。
 ・自動露光だったので太陽の大きさがバラバラでしたが、欠けの形は確認できました。
 ・左上から欠け始め、右下に抜ける形で、上記のリンクとは撮影結果は異なりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■風景撮影
 デジカメを三脚に固定して、一番暗い手動露光モードで
 岡山市の水源である旭川の周辺で、東南方向を撮りました。
20120521_f.jpg

 食分が0.93であり、ほぼ金冠日食に近いため、
 周囲の風景も暗くなるかもしれないと期待していましたが、
 ほとんど明るさは変らず、そう思ってみると少し暗いかなと思うくらいで、
 言われなければわからない程度でした。
 太陽系の中心である太陽のスケールの大きさに新たな感動を覚えたところです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■目視
 ・ソーラーグラスをかけて太陽を見ると欠けているのがはっきりわかりました。
 ・ピンホールを使って太陽のイメージを見てみましたが、小さくて不鮮明でした。
 ・今年の6月6日は太陽−金星−地球がほぼ1直線状となり,
  金星が黒い点となって太陽の前を横切っていく
  「金星の日面経過」が見られ、
  また8月14日には月が金星の前を横切って金星を隠してしまう「金星食」が
  見られるそうで、宇宙のロマンに期することのできるいい年だと思います。
  天体を見ることは。「宇宙の中の自分」、また「自分の中の宇宙」を
  考えることのできるいい機会だと思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■使用ツール
部分日食撮影
 ・ソーラーグラス521(¥398)
   CE(欧州基準) 株アリーブ produced by CUTE BLACK
20120521_g1.jpg

 ・iphone4S(カメラ、自動露光)
風景撮影
 ・デジカメ カシオEXILIM EX-Z270
   ISO感度:手動設定 ISO64
目視用
 ・太陽観察ソーラーグラス(¥980)
20120521_g2.jpg

  高品位遮光ガラスDIN EN169:2003

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

posted by jemta at 16:29| 日記