2011年07月07日

ボランティア団体向け無料救命講習コース募集を開始しました。

こんにちは。
AHA岡山BLS・日本救命協会の久我です。

今日は七夕ですね。
暑い日が続く中で、雨だと気温も下がり、ほっとする今日でした。

もうすぐ、夏休みです。
夏休みを目前にして、
ボランティア団体向け無料救命講習コース
http://jemta.org/index_ff.html
を始めました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■目的
日本では、1日約100人以上の方が、心室細動(しんしつさいどう)による
突然死で亡くなっています。
「心室細動」は、突然、心臓が不整脈をおこして血液を送り出せなくなる病気です。
誰でも起きる可能性があり、普段の生活の中や、又スポーツ中におきることもあります。
心室細動では脳への血流が止まり、4分で脳細胞が死に始め一旦死ぬと元に戻りません。
救急車を呼んでも平均約8分かかります。救急隊が到着してからでは救命は難しいです。
倒れてすぐに、近くの人がCPRをして、AEDで電気ショックすればほとんど助かります。
このコースでは、CPR(心肺蘇生法)のやり方とAEDについての講習を行います。

■参加できる方
・人のために、無償で、人に尽くす活動をされている団体、グループ。
・ボランティア活動をされている団体、グループ。
・地域貢献の活動を無償でされている団体、グループ。
・例えばPTAで、無償でプールの監視をされているグループなどはOKです。
 (職務、職責としての救命講習が必要な方は、
  AHAのBLSヘルスケアプロバイダーコースを受講下さい。)
・岡山県および隣県に在住されている方。
・小学生〜大人まで
・少なくとも代表の方がパソコンのメールでの連絡ができる団体・グループ。
・腰やひざを痛めておられる方、運動することが難しい方、
 妊娠中の方は参加はご遠慮下さい。

■コース内容
基本コース:成人と小児の心肺蘇生法(CPR)と窒息の解除、AEDデモ、119番通報。 
オプション:乳児の心肺蘇生法(CPR)と窒息の解除
基本コース:約2時間。  基本+乳児オプション時:約3時間。

■費用
受講料:無料
実費費用負担:
 コース開催には、
 会場費、機器消耗品(マネキンの人工肺、フェースシールド、消毒薬品)、
 器材運搬費用、テキスト代などの実費費用がかかります。
 この実費費用について、
 ・「実費負担する場合(お一人1000円以下)」と
 ・「実費負担しない場合」を
  申込時に選択できます。
  (日本救命協教会内に積み立て寄付金があり、それを割り当てできる場合のみ、
   「負担しない」を受け入れることができます)

7月と8月は、月に1件程度の受け入れを予定しています。
ボランティア活動をされておられる方は、受講できますので
夏休みを利用して、ご参加下さい。
コースはBLSが初めての方でも、楽しく、リラックスしてご参加できます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by jemta at 18:27| 日記